風景写真
私たち上益城郡医師会は 地域医療の大切さを考え 地域の皆さんと共に 健康な生活と疾病予防に 一生懸命取り組んでいます。
在宅医療支援ネットワーク

会長写真

 この度、荒瀬先生の後を継いで上益城郡医師会長に就任いたしました。
 ここ上益城郡は、御船町、山都町、甲佐町、嘉島町、益城町の五町からなっており、面積は784kuに及ぶ広大な地域です。また、救急医療圏では山都町が上益城医療圏であり、その他の町は熊本市医療圏に配分されているという特殊な地域配分でもあります。また、高齢化、少子化の影響で町によっては人口減少の問題もクローズアップされて来ています。
 そのような中で、上益城郡医師会は、地域医療の重要性を認識し、患者さんたちが安心して生活できる医療環境を作り、命の灯火が消えるその時まで住み慣れた家で過ごせるような「在宅医療」の在り方を、関係行政機関と協調協議を重ねながら、早く実現できるように努力を重ねているところです。
 また、2025年には3人に1人が高齢者となると予想されています。年金や医療保険の財源問題も不透明な状況ではありますが、地域の住民の皆さんとのコミュニケーションを大切にし、対話と協調で、安心安全の医療体制を確立して参りたいと思います。
 上益城郡医師会では、会員の病医院間の相互の連携を重視し、また公的医療機関との連携や行政機関とも積極的に協調協議し、上益城地域の住民の方々の医療福祉の充実を目指して頑張って参ります。

平成26年6月 社団法人上益城郡医師会 会長 永田壮一